映画「ダイハード4」のネタバレとフル動画を無料視聴【吹替/字幕】

4 min

映画「ダイ・ハード4.0」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


大ヒットした「ダイ・ハード」シリーズの4作目にあたり、前作「ダイ・ハード3」から12年後の2007年に公開されました。

本作のテーマであるサイバーテロにちなみ、「4.0」というコンピューターで用いるソフトウェアのバージョンのような表示になっています。


ダイハード4.0を視聴するならU-NEXTがおすすめ。

無料トライアル期間を活用すればダイハード4.0を今すぐ高画質で視聴可能。何より、ほかにも初代ダイハード~ダイハード5までシリーズ全作品を無料期間内に視聴可能です。

↓31日以内に解約すれば無料↓


「ダイハード4」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu 見放題
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
 

「ダイハード4」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・hulu
・dTV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp



ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。

30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


新しく1つ登録するなら、オススメはU-NEXT。

31日間の無料トライアル期間中に初代ダイハード~ダイハード5/ラストデイまですべて視聴可能なのが最大のメリットで、すべて視聴したあとでも期間内に解約すれば費用はゼロ!

U-NEXT自体は音楽配信大手のUSENが運営している事もあり安全なサービスですし、登録も3分で終わるほど簡単なので、今すぐダイハード4.0を高画質で視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ダイハード4(邦題)」「diehard4(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ダイハード4」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ダイハード4」のあらすじ


ワシントンDCにあるFBI本部で、全米の交通・電源供給・通信網などのインフラを監視するシステムがハッキングされるという事件が発生。

この事態を受け、FBI本部のボウマン副局長は、FBIのリストにあるハッカーたちを連行するよう司令を出します。NYPDに所属するジョン・マクレーン刑事にも、若いハッカーのファレルを連行する指示が。


ファレルのアパートへ向かうマクレーン。

すると、突然何者かにアパートの外から銃撃されます。


サイバーテロ集団は、腕のあるハッカーたちを騙してFBIのシステムをハッキングするプログラムを作成させており、計画が実行段階に入ってから口封じのため、次々とハッカーたちを暗殺していたのです。

マクレーンはそんな事情がわからないながらも、なんとかファレルを連れてアパートから逃げ出し、FBI本部へ向かいます。しかし本部も、炭疽菌による汚染が始まったというテロ集団のデマ情報で、パニックに陥っていました。


マクレーンとファレルはFBIに護送され本部を後にしますが、途中でテロ集団のヘリから攻撃を受けます。FBIの護衛は倒されますが、マクレーンは咄嗟の判断で、車をヘリに激突させて難を逃れます。


ネットの事情には疎いマクレーン。

「お前がテロ集団なら、次にどういう手を打つ?」とファレルに訪ねます。次は国内の電源が狙われると考え、2人はアメリカ東部を束ねる電源供給所へと向かいました。


電力を落とすにはハッキングだけでなく、供給元の電源を落とす必要があります。

実際、供給所にはテロ集団も潜入していました。マクレーンはテロ組織の一味と格闘の末、ファレルと共にかろうじて基地を脱出。

ファレルはサイバーテロ集団に対抗するため、ハッキングのプロであるワーロックの助けを借りることを提案。警官嫌いのワーロックでしたが、マクレーンに脅され協力することをしぶしぶ承諾します。


ワーロックはテロ集団が、ウッドローンと呼ばれるデータ集積所にいることを突き止めます。データをハッキングし、テロ集団のリーダーは元FBIのデータ管理部にいたガブリエルという男だと判明。

ガブリエルは政府に自分が開発した国防システムを提案していましたが、それを却下されたことに恨みを抱き、サーバーテロを企て国防システムのモロさを政府と国民に知らしめたのでした。

更に、ウッドローンにはアメリカ中の金融関係のデータが集積されており、このデータをハッキングすれば途方もない大金を手中に収めることが出来るのです。このウッドローンのプログラムをしたのも、ガブリエルでした。


そしてガブリエルは、ファレルを助けたのがNYPDのマクレーンという刑事だと突き止め、マクレーンと離れて暮らしている娘のルーシーに目を付けます。

ガブリエルはルーシーが乗ったエレベーターを止め、警備員に化けた一味がルーシーを誘拐します。マクレーンは娘を救出するため、ファレルと共にテロ集団のいるウッドローンへと出発するのでした。

 

「ダイハード4」のネタバレ


ウッドローンに到着したマクレーンとファレルは、潜入した後に離れ離れになってしまいます。マクレーンは一味の部下を倒しながらガブリエルへと近づきますが、ファレルはガブリエルに捕まってしまいました。

ガブリエルとテロ集団の一味は、ルーシーとファレルを人質に取り、ウッドローンを出て逃走を開始。

マクレーンも一味の車両を奪って後を追いますが、ガブリエルはFBIがウッドローンへ向かわせた戦闘機をハッキングし、マクレーンの乗った車を攻撃するよう司令を出します。


マクレーンは戦闘機の壮絶な銃撃を受けながらも、危機一髪で逃げ切ります。そして、ガブリエルと一味が逃走用の車両を準備した場所へたどり着きますが、ルーシーを人質に取られて抵抗出来なくなります。

ガブリエルがマクレーンを捕らえ、銃を突きつけると、マクレーンはその銃の引き金を自ら引きます。銃弾はマクレーンの体を貫通し、背後にいたガブリエルを撃ち抜きます。

こうしてサイバーテロ集団は壊滅し、これまで仕事一徹だったマクレーンを遠ざけていたルーシーも、父親との絆を取り戻したのでした。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です