映画「フットルース」ネタバレとフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

9 min

映画「フットルース」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

手っ取り早く視聴するなら、動画配信サービスU-NEXTの31日間無料トライアルを利用してください。

フットルースはもちろんですが、映画、アニメ、ドラマ、バラエティなどが多数楽しめますし、無料期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用をかけずに楽しめます。

↓31日以内に解約すれば無料↓


「フットルース」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「フットルース」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・U-NEXT
・TUTAYA TV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp


ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。

無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


新しく1つ登録するなら、オススメはU-NEXT。

他2つのTSUTAYA TVやmusic.jpと比べて見放題映画やアニメの数が圧倒的に多く、また無料トライアル期間も最長の31日間となっており、「フットルース」をはじめ見たい映画を一挙に楽しめます。

登録しなければいけないのが手間ではありますが、それでも住所などの入力は必要なく、最低限の項目でOK。3分あれば「フットルース」を視聴可能なのでぜひ試してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「フットルース(邦題)」「foot loose(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「フットルース」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

「フットルース」のあらすじ


アメリカの田舎町。

教会の日曜礼拝には多くの人が集まり、ムーア牧師(ジョン・リスゴー)の説教を熱心に聞いています。

普段から町民の心を救う牧師の言葉は、今日もこの町に平和があることを実感する時間を与えていました。音楽のロックとは“ひわい”なものだと説くその姿は、まさに宣教師そのもの。最後には若者から老人まで全員で讃美歌を歌います。


日曜礼拝が終わった後、外ではムーア牧師に挨拶をする親子の姿が。

母親に連れられた青年の名前はレン(ケビン・ベーコン)。

シカゴからこの町にやって来て親戚の家に住むことになり、翌日から高校に通う予定です。そのすぐ傍を牧師の娘・エリエルが友人とすり抜けていきました。


実のところエリエルは、牧師の娘とは思えない程に遊んでいました。見知らぬ男の車に乗っては夜遅くまでダンスや酒を飲む生活をしていたのです。

父親であるムーアはその様子をどこかで察していましたが、ドライブインの駐車場で“ひわい”なロックをかけながら踊り狂う娘を見つけては、叱ることもできず、いつの間にか親子の間にも妙な距離ができていました。


ある朝、黄色い年代物のワーゲンに乗って初登校するレン。

車から降り立ったその姿には生徒の誰もが振り向きます。校内で肩と肩がぶつかりそうになり、一瞬絡んできたのが後に親友となるウィラードでした。彼のウエスタンハットを褒めたことで一気に距離が縮まります。


ランチタイムには早速シカゴでの生活を大げさに語るレン。ウィラードは自分の見聞きしたことがない過激な内容に驚きます。

しかしそれは冗談。女子大生とダンスをしたことだけは本当だと話します。そこにやってきたエリエルと友人が、自分たちのテーブルへと彼らを誘いました。

そこでこの町では酒やダンス、若者が好むような派手な音楽はないものとしている、つまり禁止されていることと、これらのせいで数年前に生徒が事故死した事実をレンに話します。

彼は驚き、大人が決めた禁止令に違和感をおぼえます。ダンスや音楽は悪いものなのか? そんな思いでいっぱいになりました。

 

「フットルース」のネタバレ


ある日、レンの黄色い車に乗り込んだウィラードは車内にカセットテープを積んでいることに驚いて「金持ちなのか」と訊ねます。

レンは否定しつつ、大音量で音楽をかけて車をとばしていると、後ろからパトカーに追跡され、職務質問の結果なんと罰金25ドルを支払う羽目に。ただ音楽を聴いていただけで…

レンの心は怒りでいっぱいになります。


「ここでは、そんな音楽は悪であり、罪なのだ」

またしても大人の不条理な言葉を耳にしなければなりませんでした。

家に帰り、家族の揃ったところでこの話をすると、やはり同じ答えが返ってくるばかり。レンはいっそう違和感が募っていくばかりです。


一方、エリエルの自宅では今夜も父の傍らから静かな音楽が流れていました。

「その音楽なら(聴いても)いいのか?」と娘に訊ねられた父親は「これはハイドンの室内音楽だ。精神を高めて心と肉体を混乱させない音だ」と答えます。もっと何かを言いたかったエリエルは諦めて部屋のドアを閉めました。


学校でのエリエルは相変わらず派手なもの。

迎えに来たボーイフレンドのチャックの車に乗り込むと、彼は見かけない顔のレンに気づき、早速侮辱してきます。見事言い返して車を走らせたレン。助手席にいた親友のウィラードが「あの男を怒らせると面倒だ」と忠告します。


そんな毎日の中、レンはアルバイトを見つけたくてとある倉庫を訪問。

そこで雇用主となる男に「お前のアタマはまともか?」と、突然差別的な言葉をかけられ不快感をあらわにすると「ここではよそ者はいつでも見られていると思え」と教えられます。

翌日、採用になったバイト先で汗を流していると、エリエルがやってきて、恋人のチャックから決闘の呼び出しがあることを知らされました。「もし来なければ臆病者だ」と言い残し、エリエルは去っていきます。


勝負の日。レンにはウィラードを含む仲間が応援に駆け付けました。内容は大きなトラクターで向かい合い、ブレーキを踏まずにまっすぐ進むだけの度胸試し。

運転したことのないレンは、操作を友達に教わりながら挑みます。エリエルの合図で、向かい合った2台のトラクターは加速。このまま怖くなって止まった方が負けというルールで男を試されます。

レンはアクセルにスニーカーの紐がからまるトラブルに見舞われ、ブレーキを踏めずにぐんぐん進みました。どこまでも止まらずにぶつかってくるレンに恐れをなして川へ飛び込んだ相手側、チャックの惨敗でした。


この日からエリエルの気持ちは、勇敢だと感じたレンにむかって変化していきます。

しかしこの頃を境にして、レンは都会から来た転校生ということを理由に、さまざまなことに巻き込まれたり悪い噂が飛び交うようになります。

クラスメートから目をつけられ、クスリを渡されそうになっているところを担任に見つかって誤解されたり、町の大人からは先日の決闘でチャックが負けた時に転倒して壊したトラクターの犯人だと言われたり。


レンは変な言いがかりでますます大人が信じられなくなり、家を飛び出すと車で誰もいない場所に向かいます。酒を飲み、大音量で音を出してひとりでダンス。

やり場のない怒りやエネルギーをぶつけるかのように踊り狂っていると、エリエルがその様子を見ていました。


「ここでは、いつでも誰かがみている」

そういうとエリエルは大学へ行くため、この田舎町を出ていくのだと話し出しました。牧師である父親には話していないものの、彼女もこの閉鎖的な町にいることに嫌気がさし、もっと都会へと夢を追うようになっていたのです。

そして、レンに見せたいものがあると連れ出します。もう使わなくなった汽車が置かれたそこには、ダンスも恋もロックも禁止されたこの町で、若者の思いが詰まった詩や思想がめいいっぱい描かれていました。


レンは、まるで自由や娯楽のないこの町で、なぜ自分と同じ世代の若者がおとなしくしているのかが疑問でならず違和感さえ覚えていた毎日でしたが、やはり皆、考えることは同じだったのだと気づきます。

目の前にいるエリエルさえも、毎週のように教会で説教をしている父親の言いなりになっているわけではなく意思があるのだと確信を持った瞬間でした。また、向こう見ずな行動をしがちなエリエルに惹かれている自分にも気づきはじめます。

エリエル自身も、レンがこれまで関わってきた男性たちとは、どこか違うことに気づいていました。自分を遊び相手としかみない人とは違い “絶好のチャンス”が来ても、軽率な行動をしないレンに特別な感情を抱いていたのでした。


その晩、エリエルが帰宅すると父親に問い詰められます。

酒やダンスやドラッグのことを疑う親に対してうんざりし「ただ遅くなっただけ。でもこれがパパの娘であることは事実。諦めてほしい」と2階へ上がっていきます。

父親はますますこの事態がレンのせいだと思い込むようになりました。


結局、素行の悪さを原因にして体操部もクビになったレン。

親友のウィラードは「目立ちすぎるからだ」と再び忠告。また近くを通りかかった他の学生からは牧師の娘に手を出すからだ、とも言われました。悶々とした日々は続きます。

さまざまな話をするうち、突然ダンスパーティーのできるナイトクラブのをしようと冗談発言をしたウィラードに激しく賛同したレン。ウィラードはそんな事、叶うわけがないとこの時点では思っていました。

「度肝を抜くんだ」と、レンは本気でダンスパーティー実現のため、動き出します。


そして早速ダンスパーティーに向けて体験するため、夜の街に繰り出しました。

ナイトクラブで「踊れない」と気弱そうに言うウィラードに、見事なノリでダンスのお手本を見せるレンとエリエル。会場のボルテージはどんどん上がり、ウィラードにはかつて見たことのない世界が広がっているように映るのでした。

帰り道にふと通りかかった橋で、ウィラードが過去の事件を語り出します。とある高校生が飲酒運転で事故を起こし川へと転落、そのまま死亡したという事件。

実はこの死亡した学生とはエリエルの実兄だったのです。この事件を境に、牧師の父親は酒やダンスといったものが、いかに悪いものであるかを力説し始め、厳しくなったのだと言います。


翌朝、エリエルはいつものように昨夜どこで何をしていたのかと父親に問い詰められもめることに。制止する母をよそに「どこにいたのかは答えない、パパは横暴だ」と吐き捨てると頬をぶたれます。

飛び出すようにドアの外に出て行った娘を思い返し、教会の椅子に座って両親は静かに語り合います。牧師である自分が、初めて人に手をあげてしまったことに落ち込む夫を見て、妻は慰め静かに話を聞きますが。実はとても冷静に父と娘の関係を見つめていました。


いつの間にか親子に距離ができていることは気づいていながらも「話さないわけではなく話す事がないのだ」と繰り返す夫に、あなたは素晴らしい牧師であり、その説教には町中の人々が天国を見るような気持ちになるけれど…と言った後、こう続けました。

「でも…あなたは、1対1の人間関係には弱い人だわ」

――夫は妻の出て行った教会のドアをただ見つめているだけでした。



町では、レンがダンスパーティーの人集めに勤しんでいました。

何か悪いことをするつもりではなく、ただ卒業を祝うためのダンスを楽しみたいことを説明し、理解と勇気を求めようとします。

そんな中、近いうちに町民集会があることを知らされます。議席に座るのは気難しい大人たち。もちろん、その中にエリエルの父親、ムーア牧師も含まれていました。

この集会で発言をし、ダンスパーティーを認めてもらうしかないと思うレンは親友のウィラードにも新しくダンスを覚えるよう言います。

自分も頑張って発言台に立つのだから、せめてダンスを練習してくれと日々、ステップを教え込みました。その甲斐あり、ウィラードもダンスの楽しさに目覚めていきます。


エリエルの気持ちはすっかりレンに向かっていました。それに気づいたボーイフレンドのチャックが、納得しないまま別れ話の場にやってきます。

結果フラれることとなりプライドが傷つけられた彼は、こともあろうか女性のエリエルをさんざん殴り、車で走り去っていきました。

顔のアザをかかえたままレンに会いに行ったエリエル。まじめに彼女の話を聞き、君と父親は無理やりに事故死した兄のことを忘れようとしているために苦しいのではないか?と、彼女に言います。

いつも兄のことが頭にあったエリエルはそれが図星であり、また理解された事と話を聞いてくれたお礼にオルゴールを差し出します。

しかし、そんな自分がたまらなくなり顔をふせた彼女に初めて気持ちを態度に表したレン。オルゴールを笑わずに「いいね」と受け取る姿を見て、エリエルは嬉しくなるのでした。


そのころ、牧師のムーアは妻に「ダンスパーティーなど潰してやる」と言い放っていました。理由はダンスやひわいな音楽は精神を壊し、脳を興奮状態にさせるからだと。

妻は、いつものように冷静でした。そして少しおどけた声で「興奮するのはダンスのせいではない。あなたは町中の父親になるつもりなのか」と問います。

また息子の事故を忘れようと言われた夫は、妻だけは味方だと思っていたことから自身が否定されたとショックを受け、複雑な気持ちのまま眠りにつきます。

学校では、今度の集会で発言するレンを支持してほしいと、エリエルたちがビラを配っていました。緊張するレンのもとに行き「自分は牧師の娘だから」と、読み込んだ聖書を手渡します。その中の一節が、今のレンにとっては何より助けになるのでした。


いよいよ、集会当日。

ネクタイを締めたレンが「ダンス禁止の撤回を望む」と発言を始めます。議会の中心となり権限を持つ牧師のムーアは当然「NO」。舞台に向かって歩き出したレンは、エリエルから渡されたあの聖書を抱えて、言葉を発しました。


「人々は収穫や健康を願い、また士気を高める際や祝うときにも“踊って”きた」

今回のダンスの目的とは、それだと発言するレンに息をのむ会場。

ムーア牧師の表情も、どこかこわばります。さらに聖書の中にあった「主のために歌を、主を称えて踊ろう」という一節と、ダビデ王の時代にさかのぼり、人々にとっての踊りの必要性について語ります。

「全てに“時”がある。笑い、泣き、弔う時。そして踊る時」。この発言に、席ではアリエルと仲間、そしてレンのアルバイト先の上司さえもそれを見守っていました。


集会の後も、事態は変わったわけではありませんでした。エリエルは教会で次の説教の練習をしている父親の姿がどこか哀しく見えていました。

席に座り「昔はこの説教を聞くのが楽しみだったが、今ではまるで演劇の舞台や衣装を着ているように見える」と正直な気持ちを伝えます。つまらないお芝居だという娘の意見に、動揺しつつ考えはじめる父。


すると、図書館で騒動が起こっていると知らされ、駆け付けます。そこには大人たちが子供に悪影響を及ぼすと勝手に判断し本を焼いていました。

いつから裁判官になったつもりなのかと、そこにいた大人を叱るムーア牧師。事態は間違った方向へと過激化していることにこれまでやってきたことが正しいのかどうかを改めて自分自身に問いはじめていました。


そしてまた、エリエルをダンスに誘ってもよいかと許可をもらいに来たレンと会話をもったことによって、ダンスや若者に対する気持ちが変化しているのも事実でした。

レンには現在、父親がいません。その事も含め写真を見ながら「なぜお互いの家族がいなくならなければならなかったのか」と話すレンに、以前とは違った感情を抱いたこともこの後の説教に影響を与えることになるのです。


次の説教の日。ムーア牧師は、町民にこう説教します。

「自分も人の親であり、時々悩む。庇護するべきか、あるいはひとり立ちさせるべきなのかを。卒業のためのダンスパーティーを計画している話がある。子を信じて、どうか皆で祈ってほしい」


それは数年の間、禁止されてきたダンスパーティーが許された瞬間でした。

若者の卒業を祝う特別な時間であることを、安全で楽しい催しであるために神に祈っていて欲しいという、牧師であり人の親でもあるムーアから発した町民へのお願いでもありました。


ダンスパーティー当日。部屋でドレスに着替えたエリエルに母親が声をかけます。とても綺麗なわが娘に笑顔でコサージュを差し出しました。

驚くエリエルの手首につけながら「これはパパからの贈り物よ」とひと言。あんなに反対され、自分も歯向かってきた父親が、卒業のお祝いにとドレスに会った色のサプライズをくれたのです。


レンもいつもの黄色いワーゲンに乗ってエリエルを迎えにやってきます。今日は特別な赤い上着で正装。前を向くとドアから出てきたドレス姿の美しさに息をのみます。そこから、ぎこちないエスコートで会場に向かいました。

沢山のケーキや華やかに飾られた会場は、皆で精一杯手作りしました。思い思いにおしゃれをした卒業生たちが集まり、パーティーが始まります。待ちに待ったダンス。皆の高揚感は止まりません。

外には、エリエルの両親がこっそりと遠くから様子を見に来ています。ダンスは悪いもの…数年間これを譲らなかった夫の今回の決断を、妻は嬉しく思い優しく寄り添います。外まで聞こえてくる音楽にのって、久しぶりの二人の時間に心もほぐれていきました。


会場のボルテージは最高潮。誰しもが笑顔です。若いエネルギーと卒業へのお祝いに、ただただ音楽とダンスを夢中で楽しむ姿がそこにはありました。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です