映画ハンニバルのフル動画を無料視聴【dailymoiton/openload】

4 min

映画「ハンニバル」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

ハンニバルを配信しているサービスはあまり多くなく、「無料トライアル期間に見られる」「吹替と字幕どちらも揃っている」という条件を満たすのはmusic.jpのみ。

本来は月額2000円を超える動画や音楽配信サービスなのですが、登録から30日間は無料トライアルなので、期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用は発生しません。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「ハンニバル」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年2月28日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「ハンニバル」を配信しているサービスは以下のとおりです。


・TSUTAYA TV
・dTV
・music.jp



ただ、dTVだけ有料なので注意してください。

30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


なので、ハンニバルを無料期間で視聴可能なのはTSUTAYA TVとmusic.jpのみ。

この2つであればどちらでも構わないのですが、TSUTAYA TVは字幕のみ(吹替なし)なので、1つ選ぶならmusic.jpに登録した方が、字幕と吹替どちらも楽しめるのでベストです。

それに、music.jpも30日間の無料トライアルがありますし、期間内にハンニバルはじめその他の映画を楽しんでも、解約してしまえば1円も費用は発生しません。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ハンニバル(邦題)」「hannibal(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ハンニバル」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
 

music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。

music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。

特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。

もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「ハンニバル」のあらすじ


ベテラン刑事のクラリス。

10年前に起きた猟奇的連続殺人鬼を逮捕した事をきっかけに、敏腕刑事と賞賛されバリバリ仕事をこなす日々を送っていました。


今日の任務は、クスリの密売人の逮捕。

FBIを始め様々な組織のバックアップを得て作戦に臨みますが、その際に地元警察が命令を聞かず暴走。銃撃戦となり多数の犠牲者が出た結果、クラリスは批判にさらされてしまいます。


落ち込む彼に、メイスン・ヴァージャーという大富豪が、10大凶悪犯の一人であるレクター博士の重要な情報をもっていると接近してきます。

レクター博士とは人を食べるといわれる猟奇的犯罪者。過去にクラリスとともに凶悪犯罪者を逮捕した経歴を持っていました。

メイスンはレクター博士の餌食になりながら、唯一殺されなかった人物。復讐を企てるも車椅子に頼る体では返り討ちに遭うだけ…だからこそ、クラリスに声をかけたのです。

先日の不祥事も、レクター博士を逮捕すれば汚名返上できると。

 

「ハンニバル」のネタバレ


イタリアで身分を偽り新たな生活し始めるレクター博士。

フィレンツェの図書館で司書として働いていました。


クラリスが世間からのバッシングにさらされる事を知って、レクター博士は手紙を送ります。そこには慰めの言葉と、”社会復帰”を目指すとの言葉が書かれていました。

この手紙はレクター博士からの宣戦布告。同時に、彼がまだ生きている証拠でもありました。結果的に、クラリスには一縷の希望となったのです。


一方、フィレンツェ警察のパッツィ刑事は、レクター博士と事件を通して接点を持ちます。

前任者の司書が行方不明になっていることもあり、パッツィ刑事はレクター博士もマークしていました。


ある日、部下から地元の香水店の監視カメラの映像をFBIが欲しがっているという報告を受け、疑問を感じたパッツィ刑事は、部下と一緒にダビングした映像を見ています。

その中に、レクター博士の姿を見つけ彼がFBIに追われていることを勘付きます。多額の懸賞金がかけられた指名手配犯だと知ったパッツィ刑事は、レクター博士に近づいたのです。


しかし計画を感づかれパッツィ刑事は殺害。

レクター博士は再び姿を消してしまいます。


レクター博士を確保できなかったことに憤慨したメイスンは、偽の証拠を作りクラリスが隠し持っていたとして証拠隠蔽の疑いをかけます。

反論も虚しく、自宅待機を命じられるクラリス。


失意に飲まれて過ごしている時、レクター博士から電話がきます。

遊園地に呼び出されレクター博士を探していると、メイスンの手下によりレクター博士が拉致されるところを目撃します。レクター博士を救うため、メイスンの屋敷に向かうクラリス。

メイスンの手下たちと戦闘になり、なんとか相手を仕留めますが自身も傷を負ってしまいます。手下は全滅してしまい、唯一残っていた仲間にも裏切られ、メイソンは命を落としました。

気を失ったクラリスを抱え、レクター博士はメイソン邸を後にします。


目が覚めたクラリスは、弾の摘出手術を施されドレスに身を包んでいました。

麻酔の副作用で朦朧とする中、話し声のする方へ向かいます。


ダイニングには夕食の準備をするレクター博士と、同僚であるポールが野球帽を被って座っておりますが、目の焦点があっておらずいつもと様子が違います。

レクター博士はおもむろにポールの頭から野球帽をとります。頭に横一直線に切り込みが入っており、生きたままポールの頭蓋骨を外します。そして彼の脳みそを切り取りソテーし、彼自身の口へ運ぶのでした。

あまりにも残酷な仕打ちにクラリスは耐えられず、レクター博士の行動を阻止しようと襲い掛かります。そして隙を見て、彼の手首と自分の手首をつなぐように手錠をつける事に成功。

間も無く警察が到着してしまうという窮地に立たされたレクター博士は、大きな包丁を腕に振り上げ手首を切り落として逃走します。


飛行機の中、自ら持ち込んだ食事を食べるレクター博士。

隣に乗っていた子供が、美味しそうな食事を見ておねだりします。何が食べたいか聞くと、まるで脳みそのような形をしたものを差します。


「変わった子だ、新しい味を知らないと」

嬉々として子供の口に”食べ物”を運ぶのでした。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です