映画「ジュラシック・パーク1」フル動画配信状況【無料視聴】

8 min

映画「ジュラシック・パーク」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


誰もが知る、恐竜パニック映画!

ジュラシックパークの視聴には動画配信サービスを使うのが手っ取り早くて、中でもU-NEXTであればジュラシックパークシリーズの4作品を無料期間に視聴可能です。

もちろん、ジュラシックパーク以外にも多数の映画やドラマ、アニメなどが配信されており、期間内に視聴&解約すれば1円も費用はかかりません。

↓31日以内に解約すれば無料↓


「ジュラシック・パーク」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × × ×
dTV 見放題 字・吹
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月24日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「ジュラシック・パーク」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・dTV
・Netflix


ただし、新しく登録する場合Netflix、Amazonの2つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。
Amazonビデオ:無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹


無料期間に視聴可能なのは、TSUTAYA TV、U-NEXT、music.jpの3つ。

ただし、ジュラシックパークシリーズは人気作品のこともあり、シリーズ5作品をすべて無料期間内に視聴することはできません。

一番楽しめるのはU-NEXTで、ジュラシックパークの1~3は見放題。4もしくは5はどちらかだけ無料期間内に視聴可能となっています。


単純に初代ジュラシックパークだけ視聴できれば良いなら、どれでもOK。

反面、シリーズを少しでも多く楽しみたいなら4作品まで楽しめるU-NEXTがベストで、シリーズ全作性はするなら、それに加えてTSUTAYA TVもしくはmusic.jpの無料トライアルを利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ジュラシック・パーク(邦題)」「jurassic park(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ジュラシックパーク」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「ジュラシック・パーク」のあらすじ


コスタリカの離島、イスラ・ヌブラル島。

大金持ちのジョンハモンドが恐竜のテーマパークを建設中です。ですが恐竜がテーマなこともあり、専門家2人を呼んで、事前に安全性をチェックしてもらうことになりました。


そこで連れてこられたのが

アラン・グラント博士
エリー・サトラー博士

の2人。

アラン博士は普段恐竜の骨を採掘しており、エリー博士は古植物学が専門です。そして、2人は恋人同士でもありました。ジョン・ハモンドから依頼を受け、イスラ・ヌブラル島に向かうことになります。



その頃、コスタリカのレストランでは怪しい取引が行われていました。

インジェン社のライバル会社のルイス・ドジスンが、パークのシステムエンジニアのデニス・ネドリーに巨額の金を渡して、生きている胚を持ち出すように指示。

シェービングフォームの缶に冷却させることができる仕掛けがしてあり、そこに胚を入れれる優れものです。セキュリティしばらくダウンさせ、その間に胚をこの缶に入れて胚を持ち出す計画でした。
 

博士たち2人とジョンハモンド、弁護士、マルコム博士と5人を乗せたヘリがイスラ・ヌブラル島に出発。

イアン・マルコム博士はカオス理論を提唱した数学者です。視察のため、弁護士が連れてきました。ヘリを降りると車で移動します。平原に到着したところで思わず身を乗り出して驚く博士たち。

目の前には悠々と歩く首長恐竜。「恐竜だ。生きてる。これではっきりしたぞ。温血動物だ。」と興奮するブラント博士。そこには巨体を持ち上げ草をはむブラキオサウルスがいました。

 
車はさらに走り、ビジターセンターというメイン施設に到着。

「僕らは失業だ」と、普段恐竜の骨を採掘していたアラン博士は笑います。


センター内にあるアトラクションに乗り、施設の案内を受けます。アトラクションでは、どうやって恐竜を再生したのかという方法が説明されます。

古代に恐竜の血液を吸った蚊が樹液に閉じ込められ、琥珀となります。その琥珀の中の蚊からDNAを採取し、壊れているDNA部分はカエルのDNAを利用したのです。

アトラクションが研究室の前に来た時、博士2人はいてもたってもいられず、アトラクションを降りて、研究室に入って行きました。

 
中ではちょうど恐竜が卵から産まれるところでした。

ここで生まれた恐竜はDNA操作をしてすべて雌に調整し個体数を管理しているとのこと。ですが、「すべてを管理することは不可能だ」とマルコムは警鐘を鳴らします。
 

外に出てきた一行。

すると、突然牛が檻の中に入って行きます。牛がゲートに入ると、牛の悲鳴と激しく揺れる草。恐竜ラプトルの檻です。

飼育員のロバートによるとラプトルは、現在3頭。電流が弱まっている部分を探して飼育員を襲ったりとても賢い恐竜なのです。


一通りパークを見学した一行は、感想を話し合います。

「この施設ならいくらでも金がとれる。」という弁護士。儲けを優先するのではなく「全世界の人に見てもらいたい。」というジョンハモンド。

「遺伝子とは最も権威的なものだ。おもちゃみたいに振り回して。何を作っているのか理解もせず、できかどうかに心を奪われて、自然界への冒涜だよ。」とマルコムは施設に反対です。

「何も知らずに管理しようとする点が問題です。有毒植物が美しいからと植えられています。」とエリーも反対危険視します。「6500万年を隔てられた種が一緒にされて何が起こるか分かりません。」とブラント博士も否定的。


「わしの味方はこの強欲弁護士だけ。」

とジョンハモンドはガッカリしてしまいました。


午後からはジョンハモンドの2人の孫レックスとティムも到着し、モニター役としてパークのツアーに参加。ツアーには2台の電気自動車に分かれて乗ります。

ジュラシック・パークの門が開き、いよいよ冒険の始まり!


が、ティラノサウルスの檻の前に来ても、一向に姿が見えません。

「今やつらを呼び出す。」とボタンを押すと、地下からヤギが餌として出てきました。

「与えられた餌なんかで満足しないさ。これって恐竜ツアーだよね。いつみられるの?ティラノサウルスが人間の都合で動くもんか。カオス理論とは予測不能性のことだよ。」

とマルコムが理論の説明をしていると、ブラント博士が車を飛び出していきます。

 
ブラント博士が向かった先にはトリケラトプスが。病気の治療のために鎮静剤を投与されているのです。

「毒物反応だわ。」とエリーがトリケラトプスの糞を調べます。

暴風雨が近づいているため、ツアーは中止することに。エリーは原因を突き止めたいからと現場に残り、研究員とジープで帰ることにしました。

 
制御室では「初ツアーは散々だったな。」と反省会。

コーラを買いに行くというネドリー。「システムが変更されるしばらくの間いくつかのシステムが付いたり消えたりするけど問題ない。」と伝え、向かった先は胚の保管室。


ネドリーは防犯システムを切り、胚の入った試験管を盗み出します。

制御室でもエラー報告が出ますが、「ネドリーの言ってたやつだろう。」と見逃されます。

一方外の車もシステムダウン。フェンスの電流も切れてしまいます。ネドリーが手動操作でフェンスを開けながら車で移動します。しかし防風雨で視界が悪い、看板をなぎ倒してしまい、仲間との集合場所である桟橋の方向が分からなくなってしまいました。


車はティラノサウルスの檻の前で止まっています。復旧を待つ一行。

車の中に暗視ゴーグルがあり、遊ぶティム。ティムが耳を澄ませると、地響きが聞こえてきます。ティムが暗視ゴーグルで見るとエサにしていたヤギがいません。

ティラノサウルがフェンスを破って出てきたのです。弁護士は驚き、近くにあったトイレに逃げ込みました。


「そのままじっとしていろ。やつは動きに反応する。」

とブラント博士。


しかし、姉のレックスが車の中にあったライトをつけてしまいます。それに気づいたティラノサウル。ティムたちの車に向かって行き、車を攻撃しはじめます。

ティム達はライトを消そうとするが、慌ててしまい、なかなか消えません。ちらつくライトに刺激されたティラノサウルスはさらに攻撃を加えます。防弾ガラスも外れ、ひっくり返る車。車はどんどん押しつぶされます。

発煙筒を持つ博士。発煙筒を投げますが、真似したマルコムがさらに誘導します。マルコムが向かった先にはトイレがあり、トイレに突っ込むTレックス。逃げ込んでいた弁護士を見つけると、ぱくっと一飲みにしてしまいました。

 
そのすきに、博士がレックスを助けましたが、ティムがまだ車の下敷きです。

車は押され、道路から落ちて木に突っ込んでしまいました。


制御室では帰りの遅いネドリー。

システムの復旧を試みますが、ネドリーが入れたパスワードが分からず復旧できません。

「一生のお願いだ、孫たちをジープで迎えにいってくれないか。」とジョンハモンドが飼育員のロバートにお願いします。博士が心配なエリーも同行することに。

ネドリーが戻らないと、パークは復旧できません。


「ジュラシック・パーク」のネタバレ


一方ネドリーは、車が立ち往生。対処するために車外に出ます。

そこにディロフォサウルスがひょっこり顔を出します。かわいい鳴き声に油断したネドリーに毒を吐きつけ威嚇。驚いて転倒した際にネドリーは胚の入ったシェービング缶を落としてしまいました。

ネドリーは急いで車内に戻りましたが、車内にもディロフォサウルスがいて襲われてしまいました。

 
ブラント博士は木の上の車に向かいます。車の中のティムは無事でした。

車内から無事ティムを助け出しますが、車が木が車の重みに耐えられず、落ちてきます。必死で木を降りる2人。間一髪逃げきりました。


一方ジープで助けに来たエリーと飼育員のロバート。

弁護士の遺体と、マルコムが足をけがして倒れているところを見つけます。また、エリーは下に車が落ちていることを発見しました。

車のそばに行ってみると車から足跡がづついており、博士達がまだ生きていることを確信。車に乗って待っていたマルコムは振動に気づきます。急いで車を発進させますが、Tレックスにおいかけられる車。

なんとかTレックスから逃げ切り、ビジターセンターでマルコム博士は手当てを受けました。


パークではグッズも準備してオープンを待つばかりでした。

ジョンハモンドは「幻ではない何かを作りたかった。」とエリーに語ります。「彼らを管理すること自体が幻。人の命よりも価値のあるものはないわ。」とエリーは答えます。


ブラント博士達がビジターセンター目指して森を歩いていると恐竜の卵を発見。恐竜たちは自分たちで繁殖しているのです。

西アフリカのカエルには同性しかいないと、性転換するカエルがいるのです。カエルのDNAを利用している恐竜にその素質が受け継がれているのでしょう。


制御室ではいったんシステムを落として再起動することにしました。1つ1つスイッチを切ると、システムスタートの画面が。

しかし、システムが復旧したタイミングでブレーカーが落ちてしまいました。ブレーカーがあるのはビジターセンターの場所から3分。システムエンジニアのアーノルドがブレーカーを戻しに向かいました。


しかし、なかなか帰らないアーノルド。

「遅すぎるわ。何かあったのよ。もう待てない、私が行くわ。」

飼育員のロバートが銃を持ち2人でブレーカーのある場所まででかけます。ですが、外に出るとラプトルの檻が破られていることに気づきます。

警戒しながら進みますが、ロバートがラプトルの気配を察知。「俺たちはもう狙われている。全速力で走れ。ラプトルは俺がやる。」エリーは建物めがけて走り、無事施設の中に入りました。


ブラント博士一行は高圧電流の流れる大きなフェンスの前に来ました。

棒を投げてみるが、まだ大丈夫。電流は流れていません。柵の間は狭く、登るしかなさそうです。Tレックの声が聞こえ、慌てて柵を登る3人。

ブレーカーに到着したエリーはどんどんボタンを押して復旧していきます。しかし、柵の上にまだティムがいることなど知りません。

ブザーが鳴り始め、急いで柵を降りる3人。しかし、ティムが柵を降りる前に電流のスイッチが入ってしまいます。電流が流れ、吹き飛ぶティム。ティムの心臓マッサージをするブラント博士。ティムはなんとか息を吹き返しました。


エリーの場所にも電気が入り喜ぶのもつかの間、目の前にラプトルが現れます。肩に手がかかり「アーノルドさん!」と安心し、振り向くも、それは腕だけになったアーノルド。

一方銃を構えるロバート。狙いを定めるが、狙っていた正面のラプトルはおとりでした。横から飛び出したラプトルに襲われます。


ビジターセンター施設に戻ったブラント博士達3人。しかし、センターには誰もいません。

「誰か探してくる。」とティムとレックスの2人を残して離れる博士。

外でエリーと遭遇するブラント博士。パークには残されていたご馳走がありました。ご馳走を食べ笑顔のティムとレックス。


しかし、ラプトルの影が迫ります。2人は調理場に逃げ込みました。

逃げたティムとレックスを爪を鳴らして探し回るラプトル。(3頭のラプトルのうち1頭はエリーが逃げる際にブレーカー室に閉じ込めました。)

2頭で探し回るラプトル。みつからないよう声を潜める2人。姉のティムは調理台の反射を利用して1頭の頭をぶつけるように仕向けて撃退。そのすきに逃げるティム。調理場に1頭を閉じ込めます。


ブラント博士とエリーとも合流し、制御室に向かいシステムを再起動しようとしますが、もう1匹のラプトルが制御室まで追いかけます。大人2人で扉を閉めている間に、姉がパソコンを操作し、ロック機能を作動。電話や他の機能も復旧します。

しかし、ラプトルが制御室にも侵入してきます。天井の配管に逃げ込み、ビジターセンター中央の恐竜の骨を伝って逃げます。

人間4人の体重に耐えかねて、骨格は壊れてしまいます。調理場に閉じ込めたはずのもう1頭も出てきてしまい、2頭のラプトルに挟まれた4人は絶対絶命。

その時、Tレックスが乱入し、ラプトルにかみつきます。残されたもう1頭のラプトルとTレックスの戦いです。Tレックスが勝利し、雄たけびをあげます。

 
「推薦状なんて書けません」というブラント博士。

名残惜しそうにヘリコプターに乗るジョンハモンド。

パーク開園の夢破れてパークを後にします。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です