映画「野菊の墓」ネタバレとフル動画を無料視聴【配信VOD】

5 min

映画「野菊の墓」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


伊藤佐千夫原作。少年少女の純情な恋の物語。民子17歳、政夫15歳という「数え」での設定は、現代の年齢でいうと15歳と13歳です。

主演の松田聖子は当時の人気アイドル。映画初主演作で、テーマ曲「花一色」も歌っています。政夫役は一般人からのオーディションで選ばれました。


今すぐ無料で視聴するなら、TSUTAYA TVがオススメ。

登録が必要なのは手間ですが、それでも住所などを入力する必要もないですし、登録はすぐに終わります。そしてすぐに「野菊の花」を高画質で視聴可能です。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「野菊の墓」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「野菊の墓」を配信しているサービスは以下のとおりです。


・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp


ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。

無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


U-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpいずれも「野菊の花」を無料期間に視聴可能。なので過去に登録していないサービスなら、どれを選んでも構いません。

※過去に登録していると無料トライアルが適用されないため


1つオススメするならTSUTAYA TV。

U-NEXTよりも登録時にもらえる有料動画視聴ポイントが多いので有料作品も視聴しやすいですし、music.jpよりも見放題作品が多く、30日間の無料期間内に楽しめる作品の数が多いです。

それにツタヤの運営するサービスなので、はじめてVODを利用する場合も安心感がありますよね。期間内に解約すれば1円もかからないのでぜひ「野菊の花」を視聴してみてください。

 
↓30日以内に解約すれば無料↓
違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「野菊の墓(邦題)」「nogiku no haka(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「野菊の墓」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
 

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。
 
 
↓30日以内に解約すれば無料↓
 

「野菊の墓」のあらすじ


明治半ば。民子(松田聖子)は親戚の斎藤家で住み込みの手伝いをしている17歳の少女です。親戚とはいえ、斎藤家は辺りに聞こえた旧家で、しょうゆ醸造を営むお金持ちでした。

その家には2つ年下の政夫(桑原正)という従弟がいます。2人は小さい頃から仲良し。いつもじゃれ合って、まるで本物の兄弟のようでした。


政夫の母(加藤治子)も民子をとても可愛がっていました。

仕事の最中でも何かというと政夫と遊びたがる民子に小言はいうものの、基本的には甘い母。民子と政夫は子どもの頃と同じように毎日楽しく暮らしていました。


しかし時は流れます。

民子は数えで17歳。政夫は15歳。仲のいい2人を見て村の人々が陰口をたたきはじめます。「斎藤の家では2つも年上の女を嫁にするつもりか」と。

年上の女房など外聞が悪い時代でした。


周囲のうわさを気にして、母は民子と政夫を並べてお説教。

「男も女も15歳にもなればもう子供ではない」。

そんなことを言われ、逆にお互いを意識するようになる2人。恋心に気づいてしまったのです。もう今までのように無邪気ではいられません。2人は次第に臆病になり、話すことも出来なくなるのでした。


ある日、人手が足りず、政夫と民子は2人だけで遠い畑へ綿を摘みに行くように言われます。うれしさを隠してはいましたが、心は飛び立つ思いです。人目を気にして村はずれで待ち合わせをし、畑への行き帰り2人は久しぶりに自由に話します。

政夫が道端の野菊を摘みます。民子は花をじっと見つめながら呟きます。自分は野菊が本当に好きだと。

「民さんは野菊のような人だ。僕は野菊が大好きだ」

思わず言った政夫。民子は頬を染めて俯きます。


畑で綿を摘む仕事を終えた後、2人は山の遊びを楽しみました。

お弁当を食べたりアケビを取ったり。

そんな時、谷川へ水を汲みに行こうとした2人は坂道で足を滑らせてしまいます。転がり落ち、ふいに近づく顔。しかし何も出来ないのでした。自分たちの心だけしか見えない幼い恋。

「政夫さんはリンドウのような人だ」

帰り道、ふいに民子が言います。

さっきの政夫の口真似をして。2人は笑いあいました。


夜、暗くなってから家に着いた2人は母からきつく怒られます。

人には言えない、何かがあったんだろう――周りはそう決めつけます。2人の関係は無邪気なものでしたが、あまりにも幼すぎてはっきりそう言うことも出来ないのでした。


2人をこのままおいていてはどんな間違いがあるかもしれないと母は心配…政夫は予定より早く中学校のある松戸に行くことになりました。見送りは矢切の渡し。

大勢の人がいて、別れの言葉さえいえません。その日は雨が降っていました。政夫の乗る舟を民子は泣き顔で見送ります。

 

「野菊の墓」のネタバレ


中学で学ぶ政夫の元に、突然の知らせがもたらされます。なんと急に民子の縁談が決まったというのです。相手方に強く望まれ、家も望んだ「良縁」でした。

民子は政夫への思いから拒絶しますが、この時代、親の意向に逆らうことはできませんでした。まして可愛がってくれていた政夫の母から「お前を政夫の嫁にすることは絶対に出来ぬ」と強く言われたら……。

民子はわが身を諦めてしまいます。


知らせを受けて政夫が駆け戻った日――それは民子の嫁入りの日でした。

美しい白無垢で嫁いでいく民子。その頬は涙に濡れています。

政夫は人力車に乗せられた民子に駆け寄り――黙ってリンドウの花を一輪、差し出します。それが政夫に出来る全てでした。言葉を交わすこともなく2人の道は離れて行きます。


――その後の民子は幸せではありませんでした。

民子は嫁ぎ先で姑に苛められ、散々こき使われます。彼女は畑仕事の最中に倒れ、流産してしまいます。実家に戻された民子はそのまま回復せず、息を引き取ります。

臨終の知らせに駆けつけた政夫の母は、突然の民子の死が信じられません。「あの子が死んだのは私のせいだ」と身も世もなく自分を責めます。


民子が死んだ後、その手に赤い小さな包みがありました。

しっかりと握られた包みを周りの人がそっと開いてみると、その中身は昔、政夫が書いた手紙と一輪のリンドウの押し花でした。民子はあの時手渡されたリンドウを大切に持っていたのです。たった一つの、心の支えとして。

民子の臨終の様子を聞いた政夫は民子の墓に行き、周り一面に野菊を植えます。民子が淋しくないように、たくさんの野菊を。野菊のような民子の面影は政夫の心に永遠に生きたのでした。

 
↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です