映画「下町ロケット(2011wowow版):三上博史」のフル動画を無料視聴

5 min

映画「下町ロケット」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

下町ロケットと言えば、阿部寛が出演したTBS版のほうが知名度が高いかもしれませんが、2011年にwowowで放送された三上博史主演バージョンのほうも面白いです。

実際、月額動画配信サービスを見てみると、下町ロケットwowow版を配信しているサービスは結構あります。無料トライアルを利用すれば無料で視聴可能なのでぜひ試してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「下町ロケット」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu 見放題
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 見放題 1話165ポイント
music.jp 1話165ポイント
※2020年3月10日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「下町ロケット」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・hulu
・Amazonプライムビデオ
・music.jp



ちなみに下町ロケットwowow版は全部で5話。

なので全話を無料で視聴しようと思った場合、1話ごとに165ポイント必要なAmazonプライムビデオだけは有料になってしまうので注意してください。それ以外のVODサービスなら無料トライアル期間内に下町ロケット5話全部視聴可能です。

1つおすすめするならU-NEXTで、ポイントなども不要で下町ロケット5話すべて視聴可能ですし、阿部寛版の「下町ロケット」も同じく視聴可能。何より無料トライアル期間が31日間と、全VODサービスのなかで最長となっています。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「下町ロケット(邦題)」「shitamachi rocket(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「下町ロケット」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「下町ロケット」のあらすじ


下町のとある町工場、佃製作所。

社長の佃航平(つくだこうへい)は、以前は宇宙科学開発機構の研究員として宇宙のロケットエンジンを開発していました。現在は実家の町工場を継いでいます。


そんな佃には、夢がありました。

かつて失敗した自分が開発したエンジン部品で、宇宙ロケットの打ち上げを成功させたい、という夢でした。彼はいつか宇宙に飛び出せる日を夢見ていたのです。


ですが、会社の現実は厳しいものでした。

長年の取引先からは契約を打ち切られ、経営会議では社員達から「社長は夢を見すぎだ」と諭される始末。ロケット関連の実用性のない研究費にお金を費やし過ぎだと。


そんな中、佃に一通の訴状が届きます。

自社の製品が、競合会社の大企業ナカシマ精機の特許を侵害しているというのです。

産業財産権を巡るライバル会社の法廷戦術に巻きこまれる佃。特許を侵害しているという風評被害によって、佃製作所の経営はさらに悪化していってしまいます。


一方、大手の帝国重工では、すべて自社製品による純国産ロケットの打ち上げ計画が進んでいました。そんななか、同社の宇宙航空部長・財前は衝撃的な事実を知ります。

会社を挙げて巨大な費用を投じて開発した主力エンジンが、下町の小さな町工場である佃製作所に、先に特許を奪われてしまっていたのです。

 

「下町ロケット」のネタバレ


ナカシマ精機との第一回目の公判を終えた佃。

ですが、特殊な産業財産権の裁判は大手ナカシマの圧倒的有利でした。


このまま裁判に負ければ資金繰りが悪化し、倒産の可能性も否定できません。次々と融資が打ち切られ売り上げも激減していく中で、社員たちの中で動揺が広がっていきました。

そんな中、かつての妻の友人である弁護士・神谷涼子が佃製作所を訪れます。特許裁判を得意とする彼女は、自分にこの裁判の弁護を担当させてほしいと佃に申し出るのです。


一方、帝国重工の財前は、自社の宇宙ロケットの主力エンジンの特許が、佃製作所に先に越されていたことを上司の水島から追及されていました。

帝国重工が目指す宇宙ロケット打ち上げ計画は、すべて自社製品を売りにしています。自社の部品が他会社に特許を取られていると、その製品は使用できません。財前は主力エンジンの特許を、佃製作所から買い取るように命じられます。


さっそく財前は佃製作所を訪れ、佃に宇宙ロケットの主力エンジンの特許を譲って欲しいと願い出ます。その譲渡金額は、佃の想像を遥かに超えるものでした。

だが佃はその買い取りの申し出を断ります。それは自分が大切に研究してきたこだわりを、他の人に売りたくないという夢への強い思いからでした。


そして佃は財前に提案します。

帝国重工に特許として権利を売るのではなく、自分の製作所でそのエンジンを作り、帝国重工に部品供給という物の形で売ることを。

自分の夢とモノづくりにこだわり続ける佃社長。ですが他の社員たちは、裁判も控えている状況ではさっさと特許を売り払ってお金に変えるべきだと思っています。

社内の中で、夢と現実での溝が生まれていました。


一方の帝国重工も、主力エンジンの特許の買い取りに失敗し、すべて自社製品でのロケット打ち上げ計画の雲行きが怪しくなります。財前も会社内での立場が危うくなっていました。

そんな忙しい日々を送る中で佃はかつての同僚の本木から、宇宙開発機構に戻ってこないかと誘われます。会社を売って、佃はやりたいロケット研究に没頭した方が良いというのです。


自分をよく知るかつての同僚から長年の夢を持ちかけられ、思い悩む佃。

けれど佃はその誘いを断ります。ずっと一緒に苦楽を共にしてきた社員と会社を、今放り出すわけにはいかないと本木に言うのでした。

また先日の佃の提案に対しての帝国重工の返答が、佃に言い渡されました。部品供給に足るだけの技術が佃製作所にあるかどうかをテストしたいと。


大企業に主力エンジンを提供するための技術。

安定して供給するための経営状況。

あらゆる面が審査されました。社員たちはその細かな審査項目の書類を目の当たりにし、テストのハードルの高さに圧倒され自信をなくしてしまいます。


ですが、そんな状況のなかでなカシマ精機との特許裁判が急展開。

弁護士の神谷が佃製作所の膨大な研究資料から、ナカシマ精機と酷似した部品の特許を探し出し、それについて同様に逆提訴をしたのです。

さらに、そのナカシマ精機の裁判戦略が経営妨害とマスメディアに報道され、ナカシマ精機は一転して不利な状況に。焦るナカシマ精機陣営。その中で裁判官から和解という解決方法が両社に勧告され、事実上の佃製作所の勝利となったのでした。


ナカジマとの特許裁判に勝利し、社内が一気にまとまりつつある佃製作所。一致団結し、帝国重工の部品供給のテストにも合格しようと盛り上がります。

ですが納品過程において思わぬミスが発覚します。経営の方針に不満をもっていた社員が、別の部品を混ぜて帝国重工に納品をしてしまったのです。


間違った部品が納入された帝国重工の起動テストでは異常値が検出され、テストは即刻中止。原因を知った佃が慌てて謝罪し再テストを申し出るも、帝国重工の社員は聞く耳を持たず断られてしまいます。

今までの努力が無駄になると必死に説得を試みる佃。そこに通りかかった財前が、事情を聴き、再テストを実施するように部下に指示します。そして再テストの結果、佃製作所のエンジンは見事合格するのでした。

財前もまた実家が町工場をしており、佃への強いモノづくりへのこだわりに心を動かされた人物で、会社を越えた彼の良き理解者だったのです。


残すは、社長への役員会議での事情説明のみ。

全て自社製品でのロケット打ち上げにこだわる帝国重工の社長に、財前は佃の作った主力エンジンの性能の良さを役員会議でプレゼンします。

そして財前の説得により見事社長の了承を得て、佃製作所は主力エンジンを部品供給するという契約を勝ち取ります。


そして一年後。
それぞれの家族、社員、仲間の夢と思いを乗せて。

佃製作所の主力エンジンで、帝国重工の宇宙ロケットは打ち上げに見事成功するのでした。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です